05:05 2017年11月23日
東京+ 6°C
モスクワ-2°C
    イランはプーチン大統領を待っている

    イランはプーチン大統領を待っている

    © Sputnik/ Aleksey Nikolskyi
    中東
    短縮 URL
    1969241

    プーチン大統領はイランで今月23日に開催されるガス輸出諸国フォーラムに参加する可能性がある。大統領府は現在、プーチン大統領のイラン訪問の可能性を探っている。

    プーチン大統領が最後にイランを公式訪問したのは、2007年。この間両国関係は、軍事、技術、経済・貿易といった様々な分野で成熟してきており、一連の重要な戦略的問題について、最高レベルで合意する必要性が増してきている。大統領府のペスコフ報道官は木曜の会見で、「ガスのOPEC」ことガス輸出諸国首脳会談に出席するためにプーチン大統領がイランに行く可能性について、またそこでボリヴィアのモラレス大統領と会談する可能性などについて、「イランからは招待を受けており、訪問や会談については検討中だ。決定が取られ次第、お伝えする」と述べている。

    プーチン大統領のテヘラン訪問が実現した場合、どのような問題が議論されることになるのか?イランは何を期待しているのか?スプートニク・ペルシャのマリーナ・アル・シャラン特派員がイランの情報分析ポータル「イラニアン・ポリシー」の政治評論家、サジャド・タイエリ氏に、予測を語ってもらった。

    「プーチン大統領が近日開催される『ガスのOPEC』フォーラムに参加するためイランを訪問するなら、間違いなく、制裁全面撤回後のイラン産ガスの輸出量および生産量増大という問題が取り上げられるだろう。他方、イラン産ガスの生産増大は、サウジアラビアの立場に真っ向から対立する。イランのガス産出量増大の問題は間違いなくテヘランのフォーラムの議題にも上るだろう。何しろイランは一定期間、市場シェアを大幅に失っていた。それを今、制裁前のガス採掘水準に引き戻そうと計画しているのだ。

    第二の重要議題は、おそらくシリア危機だ。イランとロシアはこの問題について、立場を完全に一致させている。つまり、対立する諸勢力が対話をなかだちに、純粋に政治的な仕方で危機を解決し、最終的にはシリア国民自らが、誰が政権に着くべきかを決めるようにしなければならない、との立場だ。それに劣らず、両国首脳が時間をさいて議論することになるだろう重要テーマは、イラク危機だ。一月ほど前、イラク政府は『イスラム国(IS)』拠点の空爆をロシアに要請することを検討中だ、との報道がなされた。おそらくロシアとイランは、既にこの方向で調整を開始している。イエメン問題も変わらずアクチュアルだ。武力衝突に苦しむイエメン国民の支援に向かっていたロシアの食糧補給船がサウジアラビアに通行を制せられ、拿捕された。イランの人道支援隊も先に同じ憂き目にあっている。

    全体として、イランは地域問題の調整に関して重要な役割を果たしている、ということを、ロシアは素晴らしくよく理解しているし、そうたびたび宣言している、と言える。両国の友好関係と、多方面にわたる緊密な強力関係に鑑みれば、プーチン大統領のテヘラン訪問で、ガス問題についても、さらには地域の抱える諸問題の調整に関する行動計画についても、合意が得られるだろうことは疑いない」

    最近各国で発表された様々なランキングに、プーチン大統領が世界一の政治家であることが示されている。一方のイランも、常に高い注目を集めてきた国だ。ロシア大統領のイラン訪問が実現すれば、きっと大きな反響を呼ぶだろう、とサジャド・タイエリ氏。

    「ロシアが多くの戦線において地域問題の解決に重要な役割をはたしてきたことは間違いない。イランは常に、ほとんどあらゆる問題について、特にシリア・イラク危機の解決について、ロシアの同盟国だった。プーチン大統領が世界ランキングで高位を占めていることによって、そのことへの注目度はさらに高まっている。ロシア大統領のパートナー・同盟者としてのイランの役割は、とりわけシリア危機の解決において、重大である。イランはこの問題について、ロシア大統領が勇敢に前進できるようにするための、信頼に足るプラットフォームの役を果たしているのである」

    イランはプーチン大統領を待望している。スプートニク・ペルシャの調査でも、回答者の多数(41%)が、ロシア大統領の年内イラン訪問を確信している。サジャド・タイエリ氏は次のように語っている。

    「少なくともこの10年、イランはロシアの同盟国であった。ロシアはイランが困難に直面していた時期に、支援に駆けつけてくれていた。むろん、我々にも、独自の国益はある。しかし、両国を結びつける強固な信頼関係、地域紛争の解決に関する活発なパートナーシップ、軍事、経済、石油、貿易といった諸部門に及ぶ協力関係を背景に、イラン国民およびイラン指導部は、ロシアに期待をかけており、プーチン大統領の訪問を待望している」

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア, イラン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント