10:20 2020年11月24日
中東
短縮 URL
0 200
でフォローする

シリアのホムスは、この国最古の都市の一つだが、歴史的に貴重な建物や礼拝所などがある旧市街の中心部は、内戦により大きな被害を蒙った。復旧できないほど完全に破壊された建物は、数万にもおよんでいる。

ホムス博物館のヒュッサム・ハミシュ(Hussam Hamiş)館長は、スプートニク記者の取材に対し、町の状況及び修復作業の開始について語った。ハミシュ館長は「博物館の所蔵品の大部分は、内戦が激しくなる前に町の外に運び出され無事だった」と述べ、次のように続けたー

「ホムスの歴史的建物の大部分は、戦闘の過程でひどい損害を受けたが、それでも修復すべきだ。現在、損傷を受けた建物の修復プロジェクトについて、いくつかの国際機関との間で話し合いが行われている。今年は、いくつかの重要な歴史的記念物の修復プロジェクトが実現するだろう。

.どの建物を修復すべきかを決めるためには、建物の基盤や支持構造の状態を検討する必要がある。そうしたものがひどく損傷を受けている場合、修復作業が大変困難なものとなってしまうからだ。もし建物が、基礎のレベルから爆弾で破壊されてしまっているなら、その復旧は事実上不可能と言ってよい。」

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント