01:18 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    ロシア工兵部隊 シリア・パルミラ遺跡で地雷除去作業完了

    ロシア工兵部隊 シリア・パルミラ遺跡で地雷除去作業完了

    © 写真: Ministry of Defence of the Russian Federation
    中東
    短縮 URL
    1447250

    ロシアのプーチン大統領は、ショイグ国防相と共に、ロシア軍工兵部隊のユーリイ・スタヴィツキイ中将の報告を聞いた。中将は、テログループ「ダーイシュ(IS,イスラム国)」戦闘員から解放されたシリアのパルミラ遺跡での、ロシア工兵隊による地雷など危険爆発物の除去作業について伝えた。クレムリン報道部が発表した。

    スタヴィツキイ中将は、プーチン大統領に「今日の時点で、パルミラの歴史的建造物保存地区での地雷除去の課題は、完全に遂行された」と述べている。

    中将によれば、4月初めから、ロシアの工兵隊は、234ヘクタールの地域、道路23キロ、10の遺跡から地雷・爆発物を一掃した。作業の結果、2991の危険爆発物が発見された。

    中将は又、大統領に対し「工兵部隊はすでに、パルミラの住民居住地区及び空港での地雷除去作業に着手した」と報告した。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント