15:33 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    ハッカー

    「ダーイシュ(IS)」支持のハッカーが米国務省職員のデータを盗む

    © Fotolia/ Artur Marciniec
    中東
    短縮 URL
    135703

    テログループ「ダーイシュ(IS,イスラム国)」を支持する有名な国際ハッカーグループ「サイバーハリファト」は「米国務省職員のデータへのアクセスに成功した」と明らかにした。Fox Newsによれば、ハッカーらは名前、電話番号その他の情報を盗んだとの事だ。

    「サイバーハリファト」の代表は、ハッキングを証明するいくつかのスクリーンショットを公開し「米国を壊滅させる」意志を表明、さらに「米国当局は、サイバー攻撃を止めさせることができない」と指摘した。米国務省は、今のところ、情報漏れついてコメントしていない。

    先週「ダーイシュ」を支持するハッカーらは、2度にわたり、個人情報盗み出しを公言、サウジアラビアの治安機関職員1万8千人、及びニューヨークの住人3500人の個人情報へのアクセスに成功したと主張している。

    関連:

    ハッカー、Wi-FiでiPhoneやiPadのバッテリーを破壊
    米国防総省、ハッカーの協力を求める
    ハッカーら、テロ背景にベルギー首相の無責任を咎めて処罰
    ハッカー、無線を使って自動車を盗難
    タグ
    ハッカー, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント