23:49 2018年12月19日
マスコミ:シリア反体制派は米国抜きでロシアと交渉を行っている

マスコミ:シリア反体制派は米国抜きでロシアと交渉を行っている

© AFP 2018 / George Ourfalian
中東
短縮 URL
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
3180

シリア反体制派の指導者たちは、トルコの仲介で、シリア北部アレッポでの戦闘停止についてロシアと交渉を行っている。フィナンシャル・タイムズ紙が、反体制派消息筋の話として報じた。

反体制派の代表者4人がフィナンシャル・タイムズ紙に伝えたところによると、交渉はトルコの首都アンカラで行われている。

匿名を希望する反体制派の代表者は、「ロシア側とトルコ側は今、米国抜きで話し合いを行っている。米国はこの交渉にまったく加わっておらず、アンカラで起こっていることについて報告も受けていない」と語ったという。

シリア反体制とロシア側がコンタクトをとるのは今回が初めてではないが、事情に精通している消息筋は、これまでこれほど多くの反体制派グループが交渉に参加したことはなかったと指摘している。フィナンシャル・タイムズ紙は、これは彼らが合意に達する必要があることを示していると指摘している。

またフィナンシャル・タイムズ紙は、交渉の進展はみられていないが、これが米国抜きで行われているという事実は、中東の政治的動きの変化を物語っており、そこでは地域のプレーヤーたちが米国抜きでロシアと合意する意向が強いようだと報じている。

トピック
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント