11:03 2017年06月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 14°C
    チャヴショグル外相

    トルコ外相 アサド大統領打倒に関するエルドアン大統領の声明にコメントする

    © AP Photo/ Burhan Ozbilici
    中東
    短縮 URL
    0 87459

    トルコは、シリアのアサド大統領は殺害の責任を負っていると考えているが、ロシアの立場と一致する政策を続ける。トルコのチャブシオール外相が発表した。

    チャブシオール外相は、ロシアのラヴロフ外相との会談を総括し、「我々の国は、シリアのアサド大統領が、シリアに住む罪のない大勢の人々が殺害された責任を負っていると公に述べている。しかし我々は今後も、紛争の政治的解決策や、シリア市民への体系的な人道支援提供の模索と発見に関して、ロシアの立場と一致し、調和した政策を続ける」と述べた。

    関連:

    プーチン大統領とエルドアン大統領がシリアに関するトルコの声明について議論 トルコ大統領は説明を行った-露大統領補佐官
    シリアでのトルコ軍の真の目的、エルドアン大統領発言にロシアからコメント
    タグ
    シリア, ロシア, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント