03:57 2019年12月15日
多用途ステルス戦闘機F-35多用途ステルス戦闘機F-35多用途ステルス戦闘機F-35

「ダーイシュ(IS)」との戦闘に米国の第五世代戦闘機F-35出撃へ

© AP Photo / Rick Bowmer © 写真 : US Air Force/ Darin Russell © 写真 : Heath Cajandig
1 / 3
中東
短縮 URL
31214
でフォローする

米空軍は、テロ組織「ダーイシュ(イスラム国)」との戦いのため中東に、多用途ステルス戦闘機F-35を配備する意向だ。新聞Defence Newsが伝えた。

戦闘空軍司令官を務めるハーバート・カーライル空軍大将によれば、欧州及びアジア太平洋地域へのこのタイプの戦闘機の若干の供給は、今春にも行われるだろう、とのことだ。また空軍大将は「シリア及びイラクにおいてF-35は、米空軍にとってかなり大きな助けになる」との確信を明らかにした。

2016年8月、F-35の改良型である最新鋭ステルス戦闘機F-35Aは、空軍の専門家らにより、戦闘条件下での使用に適っているとの評価を得た。

タグ
ISIS, アメリカ軍, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント