00:48 2018年07月22日
シリア同盟部隊本部、米に反撃とけん制

シリア同盟部隊本部、米に反撃とけん制

© REUTERS / Rodi Said
中東
短縮 URL
1122

レバノンのシーア派組織「ヒズボラ」やイランの部隊などがメンバーのシリアの同盟部隊の参謀本部は、必要であれば米軍の駐屯地を攻撃する用意があると発表した。

スプートニク日本

米軍主導の有志連合は6日、シリア南部のタンフでシリア政権派の部隊を攻撃した

「シリアの息子、シリア・アラブ軍とその同盟国の血は安くない。ミサイルや種々の兵器の存在を考慮して、攻撃が必要となる条件になれば、シリアにある彼ら(米国)の駐屯地とその周辺を攻撃する能力はある」とある。

米軍主導の有志連合の行動を「臆病な侵略」であり、「テロとの戦いにおける米国の偽善」の証拠だと呼んだ。

タグ
シリア, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント