03:10 2017年11月25日
東京+ 5°C
モスクワ-4°C
    トルコで2000年前の哺乳瓶が見つかる

    トルコで2000年前の哺乳瓶が見つかる【写真】

    © 写真: Capture The Uncapturable
    中東
    短縮 URL
    0 49440

    トルコ西部パリオンの発掘調査現場で、陶器の哺乳瓶が見つかった。考古学者らは、約2000年前のものとの見方を示している。デイリー・ サバハ紙が報じた。

    スプートニク日本

    パリオン(またはパリウム)は、古代ギリシャの都市エレトリアあるいはパロス島から来た人々によって紀元前709年につくられたと考えられている。パリオン遺跡は、チャナッカレ県ケメル市の近くに位置している。
    考古学者らは最近、古代の港があった地区で、取っ手と注ぎ口が一つずつ付いた容量およそ50-100mlの小さなティーポットのような形をした陶器の容器を発見した。

    学者たちは、この容器に牛乳あるいは別の液体を入れて子供に飲ませていたのではないかと考えている。考古学者たちは同じような容器をローマ時代初期につくられた子供の埋葬地から発見している。これは日常生活の中で使用され、副葬品として葬儀の際に一緒に納められたとみられている。

    約2000年前の「哺乳瓶」は、粘土を焼いてつくられていた。

    タグ
    文化, 歴史, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント