14:00 2018年08月15日
ラッカ

「ダーイシュ」の首都制圧により、シリア全土におけるテロリズムに対する勝利が近づいている シリア民主軍

© AFP 2018 / Bulent Kilic
中東
短縮 URL
159

シリア民主軍(シリア反政府勢力)は、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が長い間首都と称してきたシリアのラッカ制圧により、シリア全土におけるテロリズムに対する勝利が近づいていると発表した。

スプートニク日本

17日、シリア民主軍のアラブ人とクルド人部隊が、米国の支援を受けてラッカを制圧し、町に残っている戦闘員を見つけ出す掃討作戦や地雷の除去作業などを行っていると報じられた。

戦闘員らはもう組織的な抵抗は行っていないものの、町には所謂「スリーピングセル(眠っている細胞)」が残っている可能性がある。

シリア民主軍の声明では「国際有志連合の支援の下でのシリア民主軍の勝利は、特に所謂『首都』の陥落、傭兵たちの混乱、降伏後に、シリアにおける『ダーイシュ』の最終的な撲滅に近づけた」と述べられている。

シリア民主軍の指導部はラッカ制圧について、武力紛争の終わりと「新たなシリアの建設」のはじまりを告げているとの見方を示している。

なおシリア民主軍は、「シリアの領土保全の維持を可能とする連邦、民主的国家」を建設するためのプロジェクトを提案する用意があるという。

関連ユース

シリアでロシア軍機SU-24が離陸時に事故で乗員死亡 露国防省

シリア軍、マヤーディーンからダーイシュを叩き出す

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント