03:51 2018年08月18日
シリア中部ホムス【資料写真】

露国防省、シリア軍用飛行場へのミサイル攻撃でイスラエルを非難

© Sputnik / Iliya Pitalev
中東
短縮 URL
3181

シリア中部ホムス東部にあるシリアのT4軍用飛行場を空爆したのは、イスラエル空軍だ。ロシア国防省が発表した。

スプートニク日本

空爆が実施されたのは9日未明(日本時間9日9時25分から9時53分)。

ロシア国防省は「イスラエル空軍のF15戦闘機2機がシリアの領空に入らずにレバノン領から誘導ミサイル8発で攻撃した」と発表した。

ロシア軍の情報によると、ミサイル3発は「飛行場の西側に着弾した」。5発はシリアの防空システムが撃墜した。ロシアの軍事顧問にけがはなかった。

なおイスラエル軍は同情報へのコメントを拒否した。

先に衛星TV「アル・マヤディン」は、シリア、ホムス州東部のT4軍用飛行場がミサイル攻撃を受けた際、上空にイスラエル軍の偵察機が確認されていたと報じた。

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント