13:28 2018年07月18日
東グータ

東グータで化学兵器工場が見つかる

© AFP 2018 / Strnger
中東
短縮 URL
6302

シリア軍がロシアと共同で、同国ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマに研究所と化学兵器工場を発見した。スプートニクが伝える。

スプートニク日本

ラボラトリーは民家の瓦礫のなかにある。

家屋で覆われた地下通路を通り、化学兵器製造の全行程のための部屋に入ることができる。それは、化学物質の保管から、ミサイルや爆弾への毒物の搭載までだ。

シリア軍の情報筋はスプートニクに伝えたところ、「多くの化学品の梱包には、サウジアラビア製だと記されていた」という。

専門家たちは、まさにここでこそ、政権を民間人に対する行動において非難するための化学兵器を用いた挑発行為が準備されたと考えている。

関連ニュース

シリアにおける「化学兵器攻撃」の撮影に参加した少年がその詳細を語る

タグ
化学兵器, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント