08:08 2019年04月24日
ゴラン高原

ゴラン高原に対する「イスラエルの主権、完全に認める時」 トランプ大統領

© AFP 2019 / Jalaa Marey
中東
短縮 URL
1211

トランプ米大統領は21日、ゴラン高原に対するイスラエルの主権を米国が認めるべき時が到来したとツイッターに投稿した。ゴラン高原については、シリアがイスラエルに対して返還を要求している。

スプートニク日本

投稿の中でトランプ大統領は、ゴラン高原について、イスラエルと地域の安定にとって戦略上及び安全保障上決定的な重要性を有するとしている。

トランプ大統領による今回の表明は、イスラエルのネタニヤフ首相による来週の訪米と、イスラエルで4月に実施される議会総選挙の直前の時期に行われた。4月の総選挙の結果、首相には現職のネタニヤフ氏が引き続き選出される可能性が高いとみられている。

ネタニヤフ首相は、ゴラン高原に対するイスラエルの主権を認める用意があるとトランプ大統領が発表したことについて、同大統領に謝意を表明した。

ゴラン高原の帰属問題については、イスラエル・シリア両国による紛争の基本的な原因であり続けている。シリアの内戦開始までは、紛争解決に向けた試みが行われていた。

ロシア外務省はトランプ大統領による今回の表明を巡る動きについて、「ゴラン高原をイスラエルの領土だと認めるとする米国による表明は、国際法規範に対する米政府による軽蔑の累次の発露である」とコメントしている。

関連ニュース

トランプ氏、エルサレムでの米大使館の正式開館を発表

タグ
ドナルド・トランプ, イスラエル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント