04:34 2019年12月06日
ガザ地区

イスラエルによる空爆でパレスチナの死者26人に

© AP Photo / Khalil Hamra
中東
短縮 URL
0 07
でフォローする

イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区のイスラム過激派組織「イスラム聖戦」司令官を狙った攻撃を受け、双方の軍事衝突は13日も続いた。イスラエル側の空爆により、パレスチナ側の死者数は26人に増加した。AFP通信が報じた。

イスラエルはパレスチナ自治区ガザ地区に対する今回の攻撃について、イスラム聖戦の拠点とロケット弾発射部隊を標的としたものと説明している。一方、パレスチナ側はこの空爆を受けて、新たなロケット弾による報復攻撃を行った。

停戦協議を行うと報じられていたニコライ・ムラデノフ国連特別調整官(中東和平担当)は13日、エジプトの首都カイロに到着した。国連とエジプトはこれまでも、イスラエルとガザ地区の武装勢力間の戦闘をめぐり、停戦の調停を行ってきた。

関連ニュース

イスラエル首相 第5世代戦闘機F-35でイランを威嚇

 

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 軍事, パレスチナ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント