21:56 2017年09月23日
東京+ 22°C
モスクワ+ 13°C
    Sputnik

    ロシアから日本へ、声を届けて75年:意外と深いスプートニクの歴史

    © Sputnik/ Konstantin Chalabov
    オピニオン
    短縮 URL
    徳山 あすか
    1944481

    ロシア(ソ連)が日本に向けて日本語で直接報道をし始めてから、今日でちょうど75年になった。その歴史は、今ご覧頂いているスプートニクのサイトともダイレクトにつながっている。おかげさまで新しい読者もどんどん増え、今までの経緯をご存知ない方も多い。この機会に、ロシアから日本における報道の歴史について振り返ってみよう。

    スプートニク日本

    冒頭で筆者は「直接報道」と書いたが、その歴史のほとんどはラジオであった。1929年、ソ連の通信・電信当局はドイツ語、フランス語、英語でのラジオ放送「モスクワ放送」を開始。世界初の国際ラジオ局となった。その後中国語など複数の主要言語が追加され、ついに1942年4月14日、「モスクワ放送」の日本語放送が始まった。その頃の主要な放送内容はソ連対ドイツの戦況だった。日本語放送は本来、もっと後から始まるはずだったが、1941年12月の日本によるハワイ・真珠湾攻撃のために予定が早まったと言われている。「日本がナチスドイツの側につき、ソ連と戦闘することを避けねばならない」と考えたソ連指導部は、日本への情報宣伝を一刻も早く始める必要があったのである。

    日本語で放送するからには日本語の原稿も、アナウンサーも必要である。日本人初のアナウンサーになったのは福岡県出身の元炭鉱労働者、緒方重臣さん。彼は自ら「ムヘンシャン」という通り名を名乗っており、職場の仲間は彼の本名を知らなかったという。スターリン時代は身の安全のため、本名を隠して働くことは珍しくなかった。彼の呼び名の由来や数奇な運命については、こちらの番組をお聴きいただきたい。ニュース原稿をロシア語から日本語に訳していたのは野坂龍さん。彼女は後に日本共産党議長となる野坂参三氏の妻で、当時はモスクワにあるホテルに滞在していた。

    ソ連崩壊を経て、「モスクワ放送」は「ロシアの声」という名前に変わった。リスナーズクラブ「日露友の会ペーチカ」も発足。現在まで続く長寿番組「お便りスパシーバ」を始め、ロシアの芸術、文化や生活について紹介し、親しみのこもった放送で多くのリスナーを獲得した。しかし2013年末、「ロシアの声」は姿を消すことが決まり、その後継として翌年に「スプートニク」が発足した。スプートニクは、ロシア最大規模の情報通信社「ロシア・セヴォードニャ」の一部として存在しており、その国際部とでもいうべき役割を担っている。

    「モスクワ放送」と「ロシアの声」は、ともにラジオ局であったが、「スプートニク」になってからの一番の特徴は、情報を伝える媒体の変化だろう。情報の柱はニュースサイトとなり、Facebook やTwitterなどの定番ソーシャルネットワークに加え、最近はインスタグラムも始めた。日本語に関して言えば中波・短波ラジオは中断しているが、オンラインで視聴できるポッドキャストを導入し、時と場所を選ばず好きな番組が聴けるようになっている。媒体の多様化によってリスナー・読者・フォロワーの皆さんが増え、それぞれの形でスプートニクとつながっていてくれることは私たちにとって何よりの喜びである。

    モスクワ放送時代から60年以上も聴き続けてくださっているベテランリスナーの鈴木義一(すずき・よしかず)さんは、次のように話している。

    「1958年、15歳のときに中波ラジオを聴きました。当時高校生だったのであまり社会情勢のことはわかりませんでしたが、日米安保の問題があったことは記憶しています。翌年にモスクワから初めてベリカード(海外放送の受信確認書)をもらいました。封筒にキリル文字が書いてあって、未知の世界に足を踏み入れてしまったな…と思いました。以前は、『科学と技術』と『文化の世界』が好きでよく聴いていました。高齢化が進んでいる古くからのリスナーは昔の番組のアーカイブのほうが懐かしいですが、もっと若い人をひきつけるためにどのようなことをすればよいか、スプートニクが考えてくれたらよいと思います。」

    実はここだけの話(?)75年の間には日本語報道の打ち切り危機は何度もあったし、実際に統廃合された部署もある。日本語報道および放送が今日まで続いてきたのは、もしかすると奇跡かもしれない。スプートニクはこの伝統を大事にしつつ、ロシア発のメディアとして、他では読めない情報・聴けない番組を、これからも日本人読者の皆さんにお届けしていく。

    75周年記念の特別番組はこちら!

    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント