22:23 2018年01月16日
東京+ 8°C
モスクワ-8°C
    ビザ緩和はすぐそこ!一番近いヨーロッパ、ウラジオストクで巨大ホタテを食べよう【写真】

    ビザ緩和はすぐそこ!一番近いヨーロッパ、ウラジオストクで巨大ホタテを食べよう【写真】

    © Fotolia/ Tazzjang
    オピニオン
    短縮 URL
    徳山 あすか
    1353

    日本はゴールデンウイーク真っ最中だが、スプートニクは一足早く、この夏の旅行先について読者の皆さんにご提案する。それは日本から一番近いヨーロッパ、ロシア極東のウラジオストクである。

    スプートニク日本

    ウラジオストクをおすすめする理由の一つは、もうすぐ行われるビザ緩和のおかげで個人旅行がしやすくなるからである。ロシア極東発展省は先月、「自由港」経由でロシア極東を訪れる外国人へのビザ取得手続きを8月1日から簡素化することを発表した。自由港とは、空港や港などの、国境の通過ポイントのことだ。事前にウェブサイトで手続きしておけば、自由港通過時、すなわちロシア入国時にビザがもらえる。滞在上限は8日間だ。

    • 金角湾にかかる橋
      金角湾にかかる橋
      © 写真: Japan-Vladivostok Association
    • 鷲巣展望台のお土産屋さん
      鷲巣展望台のお土産屋さん
      © 写真: Japan-Vladivostok Association
    • シベリア鉄道の始発駅
      シベリア鉄道の始発駅
      © 写真: Japan-Vladivostok Association
    1 / 3
    © 写真: Japan-Vladivostok Association
    金角湾にかかる橋

    日露文化交流に長く携わっている「日本・ウラジオストク協会」副事務局長の田代紀子さんによると、ウラジオストクの魅力は、親日を超えた知日派ロシア人が数多く住んでいることである。日本人にとってウラジオストクは謎の街かもしれないが、ウラジオストク市民にとって日本は文字通り身近な国なのだ。日本文化への造詣が深い人が多く、日本語能力はもちろん、書道や折り紙、武道など、全てにおいてハイレベルなのである。日本を紹介するといっても、特に質の良いものを持っていかなければ、ウラジオストク人の肥えた目にはかなわない。

    また反対に、ウラジオストクの文化レベルは近い将来、日本人を満足させられるだろう。ロシアを代表する美の殿堂であるエルミタージュ美術館、ロシア美術館、トレチャコフ美術館の分館が今年中にも誕生することになっている。特にサンクトペテルブルグにあるエルミタージュ美術館は、夏場は世界中からの観光客でごった返し、入場もままならない。分館ならば、落ち着いて作品を鑑賞できる。そしてマリインスキー沿海地方劇場では、世界最高峰のバレエやオペラを観ることもできる。演目も、本家サンクトペテルブルグのマリインスキー劇場と比べて遜色なく、日本人の好みに合った演目が多数上演されている。ウラジオストクはロシア極東における随一の文化都市なのだ。

    そして忘れてはならないのがアクセスの良さだ。長時間のフライトに耐えなくても、本物のロシア文化に触れられるのが極東地方のメリットだ。直行便は成田空港から週に四便オーロラ航空・S7航空が飛んでおり、運賃は往復で六万円ほど。所要時間はソウルへ行くのと変わらず三時間弱である。更に先月28日から関西空港-ウラジオストク間で週に二便飛ぶようになったので、日本発着は週六便となる。増便の理由についてS7航空の商業ディレクター、イーゴリ・ヴェレテンニコフ氏は「今年一月から、日本がビザ要件を緩和したことにより、極東から訪日旅行をするロシア人が急増したため」と話している。

    旅情あふれる旅をしてみたい人は、「DBSクルーズフェリー」で行くというのも良いかもしれない。鳥取の境港から韓国の東海を経由し、ウラジオストクに行く船が毎週土曜日に出発している。こちらはエコノミーで往復4万4千円と、少しお得に旅することができる。ウラジオストクには一泊千円程度で泊まることのできるホステルやゲストハウスも次々登場しており、宿泊先も交通手段も選択肢は確実に増えている。

    そして最後のおすすめポイントであり、ヨーロッパ・ロシアでは味わえない醍醐味、それは海の幸だ。ウラジオストクでは国際カニ祭りが開かれ、地元住民や観光客がカムチャッカ半島産のカニに舌鼓を打っている。ロシアと韓国は相互に観光ビザを撤廃したため、韓国人たちは一足先にカニを楽しんでいる。今年のカニ祭りは7月2日から16日までなので、残念ながらビザ緩和が間に合わない。しかしカニ祭りのシーズンに行けなくても大丈夫だ。田代さんによれば、空港に隣接したシーフードマーケットで、巨大サイズのホタテを購入できるというのである。冷凍ホタテを機内持ち込みすると、自宅に着く頃には良い具合に解凍されているので、そのまま夕食にできるというわけだ。

    ここまで、さんざん期待をもたせるような文章を書いたが、それもこれもビザ緩和の運用が予定通りに行けばの話である。田代さんも「現場での運用が始まるまでに時間がかかるのがいつものウラジオストクのパターン」と懸念を示す。現段階でロシア極東発展省は、7月1日から到着ビザ付与のテスト施行を始めると明言しているので、スムーズな運用開始を心から期待したい。

    タグ
    ビザ・査証, 観光, 露日関係, ウラジオストク, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント