04:40 2018年09月23日
イノプロム2017

イノプロム2017の総括:パートナー国として存在感を示した日本

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi
オピニオン
短縮 URL
徳山 あすか
日本は「イノプロム2017」のパートナー国 (11)
1121

ロシア最大の産業博覧会「イノプロム」は7月10日から13日まで、ロシア中部の工業都市エカテリンブルグで行われた。世界20か国以上から640社が出展し、訪問者は世界95か国から集まった。日本は今年のパートナー国としてジャパン・パビリオンを設置し、一丸となって日本をアピールした。

スプートニク日本

プーチン大統領は7月9日のオープニング・レセプションに参加したほか、10日にはイノプロム会場を訪問し、世耕弘成経済産業相の案内でジャパン・パビリオンを見て回った。川崎重工業のブースで村山滋会長から説明を受けたプーチン大統領は、自分も昔、カワサキのバイクに乗っていたことを明かした。
ロシアからも、医療機器で民間市場に拡大している「シワべ」やコンツェルン「アルマズ・アンティ」、日本でもおなじみのカスペルスキー、ロシア輸出センター、ロステフ(Rostec)などが出展した。ロシアは武器輸出に依存するのではなく、民生品の輸出拡大を伸ばすことを目標としている。

通常の展覧会と違って、売りたいものではなく、買いたいものを展示する逆見本市も行われた。ロシアに生産拠点をもつ日本メーカーは、基本的にローカリゼーションを目指しているが、製品の質が望むレベルに達していなかったり、供給量が安定しないなどの理由で、パートナー選びは簡単にはいかない。今回は「日立建機ユーラシア」と「いすゞルス」が、ロシアで製品を供給してくれるサプライヤーを探した。商談会は盛況だったので、これが契約に結びついていくことを期待したい。

エカテリンブルグが位置するスヴェルドロフスク州のエフゲニー・クイヴァシェフ知事はジャパンパビリオンの展示を高く評価。「日本の秩序、日本人の人への接し方に魅力を感じる。日本人は真似するべきお手本だ」と話し、パートナー国である日本に感謝の意を表した。

イノプロムと並行して、市民のための文化週間「ウラルにおける日本」も開催された。映画上映、日本流ビジネスマナーの講義、サムライの展覧会、若者の交流会など、日本に関する様々なイベントがエカテリンブルグ市内で行われ、三千人以上が参加した。

今年のイノプロムにおいて、日本以外ではドイツと韓国がナショナル・パビリオンを設置した。来年のイノプロムでは、韓国がパートナー国を務める。

トピック
日本は「イノプロム2017」のパートナー国 (11)
タグ
経済, 露日関係, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント