10:32 2017年09月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 8°C
    ROTOBO村山会長

    ROTOBO村山会長、東方経済フォーラムに参加「極東のビザ緩和とベンチャー企業の活発化を歓迎」

    © 写真: Asuka Tokuyama
    オピニオン
    短縮 URL
    徳山 あすか
    東方経済フォーラム (92)
    0 58351

    ロシア極東のウラジオストクで第3回東方経済フォーラムが開催されている。ロシアの実業界と積極的に対話を重ね、ロシアとの貿易や投資拡大を後押ししているロシアNIS貿易会(ROTOBO)の村山滋会長(川崎重工取締役会長)がスプートニクの独占インタビューに答えた。

    スプートニク日本

    今回のフォーラムでは、ウラジオストクにおける日揮のリハビリテーションセンター開設や、居酒屋チェーンとして極東に初上陸した伸和ホールディングスの「炭火居酒屋炎」などが話題に上っている。今までになかった様々な業態の日本企業がロシア極東へ進出し始める中、村山氏はロシア極東の投資環境について次のように話している。

    村山氏「極東はとても日本に近いですから、我々としては市場があって商売として成り立つのであれば、モスクワで商売をするよりは極東でする方が良いわけです。そういう意味ではポテンシャルとしては非常にあります。経済特区の設置やウラジオストク自由港(※自由港入居企業に対しての優遇措置・入国ビザ制度の緩和)といった、ロシア政府の政策面は評価しています。しかし、企業が投資するには、市場がなくてはいけません。その意味ではロシア極東は人口が少ないので、市場がなかなか求められないのです。とすれば、極東を通じて作ったものを世界に売る、ということを考えなければいけないでしょう。そうなるとコスト面や品質面で競争力があるかどうか、安全安心を担保できるかどうか、という点が大変重要になります。これは腰を据えてやっていかなければなりません

    ROTOBOは日本からコンサルタントを派遣してロシア企業の生産性向上のためのアドバイスを行ったり、ロシア企業の技術者を日本へ招いて人材育成を助ける研修を行ったりしている。そうすることで将来的な日本との取引拡大が見込める。近年では極東にも、中古車や電子機器の販売を営む、ユニークな企業が現れてきた。

    村山氏「極東で、やる気のあるベンチャー企業、若い企業家の活動が活発化しているのを見聞きしました。それらの会社は、経済特区制度を利用して規模を拡大しようとしています。ロシア国内の小さな会社であっても、成功例があれば、それを日本に紹介します。そうすればそこへ日本企業が参加する、ということもあるかもしれません。日本の中小企業はキラリと光る技術を持ち、ロシアに対して興味を持っている方も多いので、ROTOBOが得意とするビジネスマッチングを行い、支援していきたいと思います

    また、今年8月から、事前にウェブサイトで手続きすれば、「自由港」経由でロシア極東を訪れる日本人は、到着時にビザを受け取ることができるようになった。村山氏は「ビザ緩和が実現したと聞いて非常に嬉しく思っています。ビザというのは本当に、一つの障壁になりますから、その問題がなければもっと気軽にロシアへ行って打ち合わせをすることもできます。また観光にも非常に大きな影響があるでしょうから、喜ばしいことです」と話している。

    ROTOBOの村山滋会長とラジオ・スプートニクのオレグ・オブホフ解説委員
    Asuka Tokuyama
    ROTOBOの村山滋会長とラジオ・スプートニクのオレグ・オブホフ解説委員
    トピック
    東方経済フォーラム (92)
    タグ
    経済協力, 日本, 極東, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント