22:37 2018年11月15日
空飛ぶ車

日本、「空飛ぶ車」の技術開発と法整備を進める【動画】

© 写真: Facebook/CARTIVATOR
オピニオン
短縮 URL
リュドミラ サーキャン
0 48

世耕弘成経産相は先月、政府が空飛ぶ車の法制度整備に着手し、民間企業の開発を促す方針だと明らかにした。経産省は外部有識者による審議会を開催し、空飛ぶ車開発と運用の制度を議論する。空飛ぶ車は渋滞を解消するだけでなく、大きな成長産業だと期待されている。

スプートニク日本

陸空両用機のコンセプトは1946年に生まれた。発明したのはロバート・フルトンで、エアフィビアンが作られた。ベースとなったのは車ではなく飛行機だった。飛行機に陸を移動させるほうが、車が空を飛ぶより圧倒的に容易だったためだ。1950年、エアフィビアンは飛行許可証を得て、小型飛行機メーカーのテイラークラフトに売却された。しかし、同社は空飛ぶ車を生産する試みを一切行わなかった。

米フォーブス誌によると、空飛ぶ車開発への現在の投資額は100万ドル(1億円)に達し、開発プロジェクトが増えている。開発にはボーイングやエアバス社のような最も保守的な自動車メーカーや航空機メーカーが参入している。フォルクスワーゲン参加のポルシェやダイムラーも開発を宣言。ダイムラーは2人乗りの空飛ぶ電気自動車「Volokopter」を開発するスタートアップ企業「E-Volvo」に2500万ユーロ(約32億円)を投資した。昨年、Uber社が空飛ぶタクシーをテスト。2020年には試験運用を予定している。昨年秋には中国の自動車大手、浙江吉利控股集団が空飛ぶ車を開発する米スタートアップ企業「テレフジア」を買収した。

2017年にはスロバキアの空飛ぶ車「AeroMobil」の市販版が登場。今年2月にはオランダの「PAL-V」社が空飛ぶ車「Liberty」の先行予約を開始した。

ロシアも遅れてはいない。有望研究基金は昨年、コンクールを開いて垂直離陸小型飛行車の開発に資金を確保。鍵となる要件の1つは、空飛ぶ車の操作が乗用車のように簡単であるべきだというもの。カラシニコフ社は昨年秋、自社開発した1人乗りの空飛ぶ車を発表した。ウラジオストクのエンジニアグループ「KB 4232」も垂直離着陸、ホバリング、悪路走破性、自動運転機能を備えた電気自動車として「Furia N1」をサイトで公開している。

日本では自動車や航空機製造などの経験と知識を持つ有志が空飛ぶ車の開発を進めている。2012年にスタートしたそのプロジェク

CARTIVATOR(カーティベーター)」には昨年、トヨタグループが3年間で総額4250万円の資金を提供する方針だと発表した。2020年の東京五輪での聖火点灯デモで披露することを予定している。

同プロジェクトのサイトには「我々は、インフラ不要の"真に自由な移動"を実現し、『2050年までに誰もがいつでも空を飛べる時代を創る』ことを目指します。そしてこのビジョン実現のためには、道路や滑走路を必要としない垂直離着陸型で、コンパクトな空飛ぶクルマが必要となります」と書かれている。

スプートニクのインタビューに対し、「Cartivator」の開発チームのメンバー佐藤望美氏がプロジェクトの詳細を語ってくれた。

スプートニク: 「次世代の人達に夢を提供する」というモットーのもとで、空飛ぶクルマ」の開発を行っています。現在のところ最も重要な課題は何ですか。

佐藤さん: 技術的な課題は、機体の応答性・安全性向上、バッテリー技術向上などです。

スプートニク: 「空飛ぶクルマ」を運転する人はどのようなスキルと証明書 - 運転手またはパイロットの免許を持たなければなりませんか。

佐藤さん: CARTIVATORとしては、今の自動車免許レベルで特殊な訓練などが必要ないレベルを想定しています。

スプートニク: 日本の2020年夏季五輪で「空飛ぶクルマ」の使用は実現可能ですか。選手やお客さんはそのクルマで移動できそうですか。それともこれはあくまでプロモーションの一環でしょうか。

佐藤さん:あくまでも我々の目標であり、実現したいと思っておりますが、先方のある話なので、可能性はお答えできません。移動手段ではなく、聖火台点灯を実現したいと考えています。

スプートニク:  インフラ不要の «真に自由な移動»を実現するためには各国がそれぞれのアイデアと技術を開発しつつあります。この理想をより早く実施するために宇宙開発と同様に国際協力のことについてどうお考えですか。

佐藤さん:CARTIVATORとしては"日本発"を掲げていますが、社会実装に向けた前向きな議論はむしろ欧米の方が進んでいると思っています。国の垣根を超えて、よりよい社会を目指すコンセプト・ビジョンの共有が必要だと考えています。

空飛ぶ車の登場によって旅はより手の届きやすいものになるのか?それとも、空飛ぶ車は富裕層のおもちゃになるのか?当初は高価だった車やガジェットがそうであったように、空飛ぶ車の価格も時とともに下がり、大量生産に移り変われば、今度は空で交通渋滞が起きないか?空飛ぶ車に関する広く認められた法律やルールはまだ存在しない。だが世論は何よりも安全の問題を懸念している。

関連ニュース

NZで無人飛行タクシーのテスト

エアバスが「空飛ぶ無人タクシー」をお披露目【動画】

タグ
テクノ, 自動車, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント