09:03 2021年04月12日
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
  • モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」
© Sputnik / Vladimir Vyatkin
モスクワ・ファッション週間「メイドインロシア」

10月18日から23日まで、モスクワ中心部のゴスチーヌィ・ドヴォールで、モスクワ市政府後援のもとロシア・オートクチュール&プレタポルテ協会の主催で、第36回「モスクワ・ファッション週間。メイドインロシア」が催されている。今回は、子供服にも注意が割かれている。

モスクワ・ファッション週間の「子供のためのメイドインロシア」プロジェクトの枠内で、子供服を生産するデザイナー・ブランドの集団展示を含め、数多くのイベントが行われている。

タグ
ファッション, ロシア, モスクワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロンドン中心部で開催された議会開会式に臨むエリザベス女王とフィリップ殿下(2012年5月9日)
    アップデート: 2021年04月10日 00:10
    2021年04月10日 00:10

    フィリップ殿下が死去 写真に残るその一生

    英エリザベス女王の夫、フィリップ殿下が9日、ウィンザー城で亡くなった。99年のその一生を、スプートニクの写真で振り返ります。

    15
  • 米ワシントン州のホワイトハウスで、イースター・バニーと一緒に登場したバイデン夫妻
    アップデート: 2021年04月09日 20:41
    2021年04月09日 20:41

    今週のベストショット 4月3日―4月9日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18
  • ドイツ・フライゼンの牧場を歩くマリー・ホープ
    アップデート: 2021年04月09日 14:15
    2021年04月09日 14:15

    3本足でも生命力あふれる! 車椅子のアルパカの赤ちゃん

    ドイツ中西部のザールランド州にある自治体、フライゼンの牧場には、生まれてすぐに後ろ足を失くし、3本足で歩くアルパカの赤ちゃんが暮らしている。

    10
  • フランス・トゥーレーヌ地方にあるヴーヴレのブドウ畑に灯されたキャンドル
    アップデート: 2021年04月08日 19:41
    2021年04月08日 19:41

    霜害からブドウを守れ ワイン農家がブドウ畑にキャンドル灯す

    白ワインの生産地として知られるフランスのブルゴーニュ地方やトゥーレーヌ地方にあるブドウ畑では、ブドウの芽を春霜から守るため、無数のキャンドルが灯されたり藁が燃やされたりしている。しかし、今週はさらに寒い夜が続くとの予報が出ており、深刻な霜害や生産量の減少が懸念されている。

    10