09:08 2019年01月23日
  • フクロウ型のオーナメント
  • くるみ割り人形
  • うさぎのおもちゃを彩色
  • 猫型のオーナメント
  • モスクワ中心にあるグム百貨店のクリスマス飾り
  • 食玩タイプのオーナメント
  • うっとりするガラス製のオーナメント
  • 古いオーナメント モスクワ博物館のコレクションから
  • 時計型のオーナメント
  • ジェド・マロース(ロシアのサンタクロース)とスネグーラチカ(雪娘) オーナメント展で
  • クリスマスマーケットで売られるオーナメント
  • ソ連製のオーナメント
  • 「火の馬」オーナメントボールセット
© Sputnik / Oleg Zoloto
フクロウ型のオーナメント

ソ連時代はガラス製のクリスマスツリー飾りが特別な価値を持っていた。それは非常に高価で、大切に保管されていたものだ。今ではツリー飾りは様々な素材で作られる。とても人気が高いのはプラスチックだ。子供が落とし、猫がモミの木を倒しても割れないところが魅力だ。

スプートニク日本

だがしかし、多くのロシア人はソ連時代の古いガラス製飾りを保管している。これは美しい飾りなだけではなく、子ども時代の思い出でもあるからだ。

タグ
写真, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • モスクワで雪が降る中、歩く通行人
    アップデート: 2019年01月22日 20:27
    2019年01月22日 20:27

    雪の緞帳の向こうに消えたモスクワ 皆が感嘆・・・したのかどうか

    この冬、モスクワではこれまで、非常に多くの雪が降った。除雪車が止まることなく走り続ける一方、人々について言えば、空から降ってくる純白の雪片に魅了されながら歩いている。

    12
  • ムドゥルヌ市中心部近く、サロット・グループの住宅プロジェクト「ザ・ブルジュ・アル・ババス」
    アップデート: 2019年01月21日 18:41
    2019年01月21日 18:41

    まるでディズニーランド、でも… トルコにゴーストタウンが出現

    ディズニーランド風のお城が並ぶメルヘンチックな街が、トルコのボル県の山麓にある。しかし、587軒にものぼる家屋に居住者は一人もおらず、多くの「お城」には窓にガラスさえない。 ディズニーのおとぎ話が一体どのようにゴーストタウンへと変貌を遂げたのか。

    10
  • スペインで毎年恒例のフェスティバルで、馬と騎手が炎を駆け抜ける
    アップデート: 2019年01月18日 18:54
    2019年01月18日 18:54

    今週のベストショット 1月12日-1月18日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • ステージ6を走るバイカー
    アップデート: 2019年01月17日 22:07
    2019年01月17日 22:07

    あたり一面が砂の時 ペルーで「ダカール・ラリー」開催中

    6日、ペルーで17日までの日程で砂の中のレース「ダカール・ラリー2019」が開幕した。レースは初めて1国の領内だけで行われる。レーサーはリマからスタートし、同市でゴールを決める。

    12