05:19 2019年09月18日
  • チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • 野生の馬 チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • オオヤマネコ チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • オオカミ チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • カワウソ チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • ワシ チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • タヌキ チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • 野生の馬 チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • オオヤマネコ チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
  • ユーラシアカケス チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で
© AP Photo / Efrem Lukatsky
チェルノブイリ原発立ち入り禁止区域で

米国人科学者らが実施したチェルノブイリ原発の立ち入り禁止区域の動物相の調査で、野生動物の数もその種類も徐々に増えていることが明らかになった。

スプートニク日本

米ジョージア州立大のジェームズ・ビズリー博士率いるグループは、プリピャチ川沿岸とその近くの領域に監視カメラ付きの餌場を設置し、観測を行った。おびき寄せるための餌には魚が使われた。

調査開始から1週間の間に魚の98%は食べられ、これに多種多様な動物が集まった。カメラは10種類の哺乳類と10種の鳥類の姿をとらえた。そのうちの数種は保護区では初めて確認されている。

関連ニュース

数百頭のチェルノブイリの仔犬が、家族を探してアメリカに渡る

チェルノブイリ立入禁止区域で過激観光客の大規模グループ拘束

タグ
写真, 研究, 動物, チェルノブイリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ミンスク国際犬博の優勝者
    アップデート: 2019年09月14日 18:20
    2019年09月14日 18:20

    最高級の美しさ、モコモコの参加者たち:ベラルーシの国際犬博の様子

    9月7日から8日、ミンスクで国際犬博Winner-2019 & Golden Fair-2019が開かれ、犬愛好家と様々な犬種のペットたちが集まった。四本足の参加者の生き生きとした様子を、スプートニクの写真コーナーでご覧あれ。

    14
  • 平壌の金日成広場でおもちゃの車に乗る少年 北朝鮮
    アップデート: 2019年09月13日 20:47
    2019年09月13日 20:47

    今週のベストショット 9月7日-9月13日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 石炭採掘時、河川の水質変化
    アップデート: 2019年09月11日 10:22
    2019年09月11日 10:22

    溶けつつある氷河、川の汚染、養魚場:地球の鳥瞰図

    ドイツの写真家、トム・ハーゲン氏は世界中を旅し、ドローンを使って地球が人間の活動によってどう変化していくのかを見せてくれる。ハーゲン氏の写真はコンピューターグラフィックに似ており、地球がいかに不可逆的に自然の姿を失っていくかの証明でもある。

    15
  • アレクサンドラ・ボイコワとドミトリー・コズロフスキー
    アップデート: 2019年09月10日 19:55
    2019年09月10日 19:55

    フィギュアスケート・ロシア代表選手たちが、2019-2020のプログラムをテスト演技で披露

    モスクワにあるルジニキ・スタジアムの小アリーナで、フィギュアスケート・ロシア代表のテスト演技が行われた。女子シングル、男子シングル、ペア、アイスダンスの選手たちが、ロシア・フィギュアスケート連盟のコーチ評議会に2019-2020 シーズンのプログラムを披露した。

    18