00:19 2019年11月22日
  • サンクトペテルブルクの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 花火の打ち上げが始まる前のポクロンナヤの丘の「戦勝記念公園」の眺め、モスクワ
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火が上がっている最中のポクロンナヤの丘の「戦勝記念公園」、モスクワ
  • カザンの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火を眺める人々、モスクワ
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワのポクロンナヤの丘での「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • ウラジオストクの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火を眺める人々、エカテリンブルク
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • ケルチの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火を眺める人々、エカテリンブルク
© Sputnik / Aleksander Galperin
サンクトペテルブルクの「戦勝記念日」の祝賀花火

「戦勝記念日」が祝われた9日、ロシアの多くの町で祝賀花火が打ち上げられた。モスクワではこの日、1万発の花火が上がった。スプートニク日本が最も鮮やかな写真をご紹介する。

スプートニク日本

大祖国戦争の英雄たちに敬意を表明する礼砲の伝統は、赤軍がオリョールとベルゴロドを解放した1943年8月5日に生まれた。大祖国戦争時には、350発以上の礼砲が撃たれた。最も壮観だったのは1945年5月9日で、1000門の大砲から一斉射撃が30回行われた。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ニューヨーク植物園の列車ショーにて、建物の模型の向かいを走るミニチュア列車
    アップデート: 2019年11月21日 23:05
    2019年11月21日 23:05

    自然素材でできた自由の女神:ニューヨークでミニチュア列車のショーが開催

    ニューヨーク植物園では、毎年クリスマスの時期にミニチュア列車のショーが開催されている。訪問者は、ミニチュア列車がニューヨークにある175以上の名所の間をかいくぐりながら走る様子を観察することができる。

    10
  • ドミートリー・メドヴェージェフ首相の愛猫ミールカ。子猫が産まれた時、ロシアの首相の愛猫が産んだ子猫を引き取りたいという希望者が殺到した
    アップデート: 2019年11月21日 05:02
    2019年11月21日 05:02

    ふさふさで有名:いま話題のロシアの猫たち

    世界中で絶大な人気を誇る猫たち。ただ人々から愛されたりネット上で人気者になったりするだけではなく、時には歴史に名を刻むような猫もいる。スプートニクは度々ニュースの話題をさらったロシアの猫たちの厳選写真集を作成した。

    10
  • 洪水の中のサン・マルコ広場の観光客
    アップデート: 2019年11月18日 22:57
    2019年11月18日 22:57

    ずぶ濡れの観光  洪水のベネチアをどう楽しむか

    史上最悪の洪水に見舞われているにもかかわらず、ベネチアを訪れる観光客の数はほとんど変わっていない。度重なる洪水に慣れっこなベネチア市民は、いつだって準備万端で、よい観光サービスと滅多に経験できない休暇を提供できる。

    15
  • 『グラマー』誌が選ぶ「アスリート・オブ・ザ・イヤー2019」受賞したザギトワ選手
    アップデート: 2019年11月15日 23:57
    2019年11月15日 23:57

    今週のベストショット 11月9日-11月15日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15