21:56 2020年07月04日
  • サンクトペテルブルクの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 花火の打ち上げが始まる前のポクロンナヤの丘の「戦勝記念公園」の眺め、モスクワ
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火が上がっている最中のポクロンナヤの丘の「戦勝記念公園」、モスクワ
  • カザンの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火を眺める人々、モスクワ
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワのポクロンナヤの丘での「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • ウラジオストクの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火を眺める人々、エカテリンブルク
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • ケルチの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • モスクワの「戦勝記念日」の祝賀花火
  • 「戦勝記念日」の祝賀花火を眺める人々、エカテリンブルク
© Sputnik / Aleksander Galperin
サンクトペテルブルクの「戦勝記念日」の祝賀花火

「戦勝記念日」が祝われた9日、ロシアの多くの町で祝賀花火が打ち上げられた。モスクワではこの日、1万発の花火が上がった。スプートニク日本が最も鮮やかな写真をご紹介する。

スプートニク日本

大祖国戦争の英雄たちに敬意を表明する礼砲の伝統は、赤軍がオリョールとベルゴロドを解放した1943年8月5日に生まれた。大祖国戦争時には、350発以上の礼砲が撃たれた。最も壮観だったのは1945年5月9日で、1000門の大砲から一斉射撃が30回行われた。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 海沿いの遊歩道に佇む猫(アルジェリア、アルジェ)
    アップデート: 2020年07月03日 21:40
    2020年07月03日 21:40

    今週のベストショット 6月27日―7月3日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 3Dプリンターで製造された植物性由来の代替肉
    アップデート: 2020年07月01日 11:50
    2020年07月01日 11:50

    未来の食卓はすぐそこに 代替肉を製造する3Dプリンター

    イスラエルのテルアビブに拠点を構えるスタートアップ企業「Redefine Meat」は、植物性由来の食品を使った代替肉の製造を可能とする3Dプリンターの発売を計画している。

    8
  • 東京の浅草寺と雷(2013年7月8日撮影)
    アップデート: 2020年06月29日 22:05
    2020年06月29日 22:05

    稲妻に包まれる世界の観光スポット

    夜空を一瞬明るく照らす雷は、危険であると同時に神秘的な自然現象の一つ。今回スプートニクでは、世界の観光スポットで観測された雷の写真をご紹介します。

    12
  • プラーン・サームヨート(寺院)周辺のサルの銅像に上るサル(タイ、ロッブリー)
    アップデート: 2020年06月26日 18:50
    2020年06月26日 18:50

    今週のベストショット 6月20日―6月26日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18