02:26 2019年10月19日
  • イワン・クパーラ祭で焚火を飛び越える人々
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • 民族舞踊
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • 花冠を川に流すイワン・クパーラ祭の参加者たち
  • 民族舞踊
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • 祭りのゲーム
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • イワン・クパーラ祭
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • イワン・クパーラ祭
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • イワン・クパーラ祭の参加者
  • イワン・クパーラ祭
© Sputnik / Valeriy Melnikov
イワン・クパーラ祭で焚火を飛び越える人々

夏至に合わせた古代スラブ土着の異教のお祭り「イワン・クパーラ」がロシアで行われた。イワン・クパーラは、開花や果樹の結実を賞賛するお祭りだが、少人数で祝われる。

スプートニク日本

イワン・クパーラの多くの儀式や迷信は、水と火に関連している。人々は、この日の朝露で顔を洗ったら、次の年は健康に恵まれると信じている。また運を引き寄せる儀式というものもある。焚火を高く飛び越えれば飛び越えるほど、次の年の幸せが増すとされている。

自分の結婚式がいつ訪れるのかを知るために、少女たちは花冠を川に流す。もし花冠が水の中に沈んだら、来年結婚することはできないが、沈まずに遠くまで流れていったら、間もなく結婚することを意味する。

タグ
ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る