17:38 2020年03月28日
  • 1970年、冬のマガダン散策
  • 1968年ロシア毛皮コレクション
  • 1988年、ショッピングセンターの婦人服コーナー
  • 1973年、川沿いの通りを歩く
  • 1972年、モスクワ靴工場の秋冬新作発表
  • 1974年、服飾デザイナー
  • 1965年ロシア毛皮コレクション
  • 1987年、「Burda Moden」誌ロシア語版初号を手にするモスクワっ子
  • 1970年、モイセーエフ・バレエ団ソリスト、ギュゼリ・アパナエワ
  • 1968年ロシア毛皮コレクション ヌートリアのコート
  • 1980年、毛皮製品発表
  • 1972年、秋の散歩
  • 1970年、秋のコート新作
  • 1965年ロシア毛皮コレクション ミンクのコート
  • 1981年、ニット完成品を紹介される買い物客
  • 1966年、冬の日曜日にスキーを楽しむペルミ市民
  • 1965年、モスクワのショップ
  • 1983年、必需セットのキルティングコートと毛皮帽
  • 1970年冬
© Sputnik / Vladimir Perventsev
1970年、冬のマガダン散策

冬の到来間近、世界各地ですでに雪が降り始めた。ロシアの複数の都市も例外ではない。今ではお洒落な寒さ・吹雪対策が数多くあるが、ソ連時代のモード最前線の女性らはどのように冬を迎えたのか。スプートニク通信の「ベストショット」をご覧あれ。

ソ連でも今のロシアでも、毛皮には特別な思い入れがあり、特別な位置づけにある。最も人気ある毛皮グッズは「シャープカ・ウシャンカ」=耳当て帽で、ソ連時代は全員がこれを身に着けていた。「シャープカ・ウシャンカ」は型と毛皮の処理に特徴があり、ここを見て持ち主のステイタスを判断することができた。素材はユーラシアカワウソ、マスクラット、ヌートリア、マーモット、ミンク、ホッキョクギツネ、シルバーフォックス、ウサギ、カラクル、シープスキンなどであった。

ソ連のお洒落な女性たちが「プラトーク」=ショールや毛皮襟を見逃すわけはない。白くて軽い、透かし網のウールショールは皆の憧れであった。これは特別な場面、ここぞという時のための大切にとってあった。ソ連のお洒落さんたちの多くは、キツネあるいはホッキョクギツネのファー襟をワードローブの必須品だと考えていた。どんなコートにも付けることができたのだ。

タグ
ソビエト連邦, ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14
  • 空のガスボンベを運ぶラバ(ネパール・ナムチェバザール)
    アップデート: 2020年03月27日 20:15
    2020年03月27日 20:15

    今週のベストショット 3月21日―3月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • 「家に留まって」(南アフリカ・ケープタウン)
    アップデート: 2020年03月26日 22:15
    2020年03月26日 22:15

    慌てないで、家にいて:街中でみかける呼びかけ

    24日、インド政府が国内全土を封鎖することを発表したことにより、今や世界の全人口の3分の1が外出制限を課される事態となった。また、イタリアでは外出禁止令違反者への罰金を最大で35万円に引き上げるなど、厳しい姿勢がとられている。そんな世界各地で、市民を家に留まらせようと呼びかける看板が多数登場している。

    16
  • 在宅勤務のIT専門家(ハンガリー・ブダペスト)
    アップデート: 2020年03月25日 18:55
    2020年03月25日 18:55

    各国の在宅勤務事情

    新型コロナウイルスの影響をうけ、世界各国では在宅勤務(リモートワーク)を積極的に導入する企業が増えたり、休校となった教育機関ではオンライン授業が採用されたりしている。いつもとは違う環境でそれぞれのタスクをこなす人々の様子をスプートニクでご紹介。

    12