14:39 2020年05月25日
  • 作曲家プロコフィエフの銅像
  • ツム百貨店で販売される新年のプレゼント
  • 全ロシア博覧センターに現れたクリスマスの時計
  • イルミネーションをバックにセルフィー(自撮り)する女性たち
  • 赤の広場に集う人々
  • 全ロシア博覧センターを訪れる訪問客
  • 全ロシア博覧センターに設置された花のアーチとクリスマスの時計
  • 新年のプレゼントを吟味する女性
  • ニコリスカヤ通りを歩く人々
  • ツム百貨店の入り口
  • 赤の広場を訪れる人々
  • 全ロシア博覧センターの時計を背景に写真を撮る人々
© Sputnik / Grigoriy Sysoyev
作曲家プロコフィエフの銅像

12月、モスクワの街並みは新年とクリスマスにむけて変貌する。至る所に飾り付けられたツリーが立ち、きらびやかな電飾で町は明るく照らされ、そしてクリスマスマーケットが開かれている。2020年を迎えようとしているモスクワの様子を覗いてみよう。

今回のモスクワの飾りつけのメインは2020年の干支である白ネズミだ。そのほかの飾りつけもネズミをモチーフに主に白、銀、灰色などで彩られている。

タグ
ロシア, モスクワ, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 日光浴をする女性(英国、タインマウス)
    アップデート: 2020年05月22日 19:55
    2020年05月22日 19:55

    今週のベストショット 5月16日―5月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ボブ・ティッセン氏が撮影した廃艦
    アップデート: 2020年05月21日 14:45
    2020年05月21日 14:45

    カメラマンが見た軍艦の墓場

    世界的「廃墟」カメラマンが、使命を終え、人目に触れない場所でひっそりと時を過ごす軍艦の写真を公開した。

    12
  • 大人数で使用できないようイスに置かれたワニの置物
(タイ、バンコク)
    アップデート: 2020年05月19日 23:05
    2020年05月19日 23:05

    公園にカフェ、モスクまで:新たな習慣となった「ソーシャルディスタンス」

    半年も経たないうちにパンデミックを引き起こした新型コロナウイルスによって、世界に「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」というまったく新しいルールが生まれた。お互いの距離を保つという一見簡単なルールであるものの、生活を正常に戻していくための重要なカギとなっている。

    16
  • 中国・桂林市にある鍾乳洞「芦笛岩(ろてきがん)」
    アップデート: 2020年05月18日 21:15
    2020年05月18日 21:15

    知られざる地下世界:世界の珍しい洞窟14選

    地球の地下には、普段は人目に触れない絶景スポットが数多く存在する。今回は、そんな世界の14の洞窟をご紹介します。

    14