12:00 2020年04月01日
  • 飛行機の墓場 ロシアのトヴェリ州
  • ポーランドの廃城
  • 廃墟となった教会 ロシアのオリョール州
  • ノルウェー・スウェーデンの国境にある車の墓地
  • 半分ゴーストタウンとなったムルマンスク州の村 ロシア
  • 廃墟となった教会 幽霊の彫刻と共に ラトビア
  • 廃校になった音楽学校 アブハジア
  • ポーランドの廃城
  • チェベルカにある古い港湾 ロシアのムルマンスク州
  • ブルガリア共産党が残した巨大ホール「ブズルジャ」 
  • 廃車となったバス ノルウェー
  • 廃園となったプリピャチ遊園地 ウクライナ
飛行機の墓場 ロシアのトヴェリ州

音楽学校、城、さらに村ひとつさえが「廃墟」と化し、その光景を世界中のカメラマンたちを魅了させる。ロシア人カメラマンのアレクサンドラ・スハレヴァさんによる、世界中の人々に捨てられた空間の厳選集をどうぞご覧ください。

廃墟撮影はそう簡単ではない。目的地へ続く長く険しい道、警備員や警察官との予期せぬ出会い、テントで一晩など、前途多難だ。

しかし、出来上がった写真を見ると、そんな苦労もふっとぶ。 人の気配のない空間に、沈黙と建物全体を飲み込んだ自然...。ため息が出るほど美しいでしょう?

 

 

関連ニュース

元米国大統領の胸像 設置されたテーマパーク閉鎖で実業家が救済

タグ
廃墟, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9
  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14