11:53 2020年04月01日
  • マクドナルド第1号店 店の前にはすでに大行列が プーシキン広場にて
  • 様々なキャラクターたちも駆けつけ第1号店のオープンを祝福
  • 記念イベントでテープカットを
  • 店の前には長蛇の列ができた
  • モスクワの孤児院の子どもたちには無料でハンバーガーが提供された
  • 客を待つ店員たち
  • ハンバーガーを頬張る女性
  • 第1号店のグランドオープンには報道陣もつめかけた
  • ハンバーガーを片手にインタビューに応じる男性
  • 店内にはエッフェル塔の模型も
  • マクドナルドのロゴが入ったキャップをかぶる少年
  • マクドナルド・ロシア代表取締役社長兼会長のウラジミール・マリシュコフ氏(左)と副会長のジョージ・M・コーハン氏(右)
  • 店の前にできた大行列
  • 店内からも大行列が見渡すことができた
© AP Photo / Alexander Zemlianichenko
マクドナルド第1号店 店の前にはすでに大行列が プーシキン広場にて

1990年1月31日、旧ソビエト連邦のマクドナルド第1号店がモスクワのプーシキン広場にオープンした。ハンバーガーを求めて早朝から多くの客が押し寄せた。この一日だけで3万人以上が訪れ、世界記録を更新したのだった。スプートニクの写真で、当時の様子をのぞいてみよう。

マクドナルドロシアは30周年を記念し、1990年当時の値段で販売するというサービスを発案。今日限りで、第1号店ではハンバーガー、チーズバーガー、ビッグマックを3ルーブル(約5円)で食べることができるというものだ。

しかし、モスクワ市当局が新型コロナウイルス流行を懸念し大規模なイベントを控えるよう呼びかけたため、このサービスは中止となった。

タグ
ソビエト連邦, マクドナルド, モスクワ, 写真, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9
  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14