21:55 2021年06月15日
  • カナル・グランデに架かるアッカデーミア橋で写真を撮る観光客
  • ベネチアのカナル・グランデを漕ぐゴンドリエーレ(船頭)
  • ゴンドラに乗る観光客ら
  • カナル・グランデに架かるリアルト橋の階段を降りる花嫁
  • カナル・グランデに架かるリアルト橋で抱き合う男女
  • パリャ橋付近を散策する観光客ら
  • カナル・グランデに架かるリアルト橋周辺を散策する観光客ら
  • 携帯電話をチェックするゴンドリエーレ(船頭)
  • エクササイズをする男性
  • 仮面専門店のウィンドウに映るマスクをした男性
  • 夜間に屋外のレストランやバーで楽しむ人々
  • 夜間にカナル・グランデに架かるリアルト橋を歩く女性ら
© AFP 2021 / Andrea Pattaro
カナル・グランデに架かるアッカデーミア橋で写真を撮る観光客

イタリアでは新型コロナウイルスの感染状況に合わせ、全土が「レッド」「オレンジ」「イエロー」「ホワイト」に分類され、それぞれ異なる感染対策がとられてきた。そんな中、感染リスクが低いと判断された「ホワイトゾーン」の地域にベネト州が指定され、水の都ベネチアには観光客が戻りつつある。

「ホワイトゾーン」に指定された地域では、感染対策はマスクの着用とソーシャルディスタンス(社会的距離)を守ることのみが課されている。コロナ禍により観光客の足が途絶えていたベネチアにも、ようやく賑やかな声が戻ってきた。

またロックダウン中、ベネチアでは運河の交通量が減り濁っていた水がきれいになったことで話題になった。これについては過去の記事からお読みいただけます。

タグ
イタリア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る