14:47 2017年08月17日
東京+ 26°C
モスクワ+ 16°C
    米国からのシグナル:我々は対ロ関係の「雪解け」を望む

    米国からのシグナル:我々は対ロ関係の「雪解け」を望む

    © AP Photo/ Jacquelyn Martin
    政治
    短縮 URL
    0 1051101

    米国のケリー国務長官によるロシアのソチ訪問で、米国はロシアと歩み寄る用意を整えている、との期待が湧く。米国の権威ある新聞The Christian Science Monitorが報じた。その梗概を紹介する。

    米ロ関係が新たな段階のリセットを始める、と期待することは楽観的に過ぎようが、ホワイトハウスはクレムリンに明らかなシグナルを送っている。「米国は、関係改善と協力再開に至る道のりを話し合う用意がある」とのシグナルである。ウクライナ危機によって、オバマ大統領の第1任期に開始された「リセット」プロセスは凍結した。今、米政権は、ロシアとの協力再開への用意を示している。

    「肉眼でもはっきりと分かる。ケリー長官がソチに飛ぶのであって、ラヴロフ外相が米国に渡るのではない。つまり、米国側がイニシアチブをとったのだ」。ワシントンの国益センター総裁ドミートリイ・サイムス氏の言葉をCSM紙はこう紹介している。

    最近、クレムリンに対する激烈な発言が続いていたが、それにも関わらず、オバマ政権は、並居る国際問題について、ロシアと協力を続ける意向だ。国際問題とは、具体的には、シリア情勢であり、北朝鮮であり、「イスラム国」を淵源とするテロの脅威である。

    ウクライナ紛争由来の緊張と関係冷え込みにも関わらず、ロシアは依然として、イラン核開発問題に関する6カ国交渉における米国の主要なパートナーであり続けたし、またロシアは、戦略兵器削減条約に規定された自らの義務を履行し続けていた。また、ロシアと米国は、イスラム過激派という共通の脅威に突き当たる可能性があった。

    米国のアナリストらの考えでは、ロシアの側もまた、米国との協力に関心を持っている。「しかし、それは何も、プーチン大統領がケリー氏の足元に屈するということを意味しはしない。大統領は、自らの安全が脅かされている場合には、ロシアは自らの立場を断固貫くのだ、ということを強く打ち出す意向である」とサイムス氏。

    クレムリンは、プーチン大統領はソチでケリー国務長官と会う、と確証した。ウクライナ紛争勃発以来始めての、ケリー氏の訪ロである。

    タグ
    露米関係, 戦争・紛争・対立・外交, ウラジーミル・プーチン, ジョン・ケリー, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント