15:18 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    米国MD、イランとの合意に関わりなく欧州に展開する

    米国MD、イランとの合意に関わりなく欧州に展開する

    © AP Photo/ Czarek Sokolowski
    政治
    短縮 URL
    0 234010

    米国のミサイル防衛(MD)システムはポーランドに展開する。イランと核開発プログラムに関する合意が達成されたにも関わらずである。

    ポーランドの全国紙「レーチ・ポスポリタ」紙上で米国務省欧州ユーラシア諸国担当長官補ジョン・ヘッファーン氏が述べた。

    「イランとの合意はミサイルのことを含んでいない。そのため、脅威は従来通り残っている」とヘッファーン氏。またヘッファーン氏は、「イランとの核開発プログラムをめぐる合意にも関わらず、来年、計画通り、スルプスク郊外レジコヴォで、米MDシステムの発射装置の建設が始まる」と述べた。建設は2018年に完了する予定という。

    イランからの脅威に対する防衛という口実による米MDの欧州展開が近年、米ロ間のもっとも深刻な問題のひとつになっている。米国は、MDはロシアをターゲットにしたものではないとするが、それについての法的保証は提出を拒んでいる。

    先にロシアのラヴロフ外相は、「ロシアは、イラン核開発に関する新合意は欧州MDに関する憂慮を解くはずだ、との指摘に対する米国の反応を待っている」と述べた。また外相は、2009年4月、オバマ大統領がプラハ演説で、「イラン核開発問題が解決すれば、欧州へのMDセグメントの構築という課題は意義を失う」と述べたことを指摘した。

    関連:

    ロシア、米MD追跡のための偵察船を建造中
    米国MD、ロシアの次世代超音速兵器の前には無効
    タグ
    露米関係, MD, ロシア, 米国, ポーランド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント