15:11 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    イラクのアバーディ首相

    イラク首相 テロ闘争にロシアの支援を招く

    © AP Photo/ Hadi Mizban
    政治
    短縮 URL
    0 606130

    ロシアが「イスラム国(IS)」の陣営に一連の空爆を行った後、イラクのアバーディ首相は声明を表し、イラクは自国領内においてもいかなる支援も歓迎するだろうと語った。このニュースを報じたCNNテレビの記者は、この声明によってアバーディ首相は事実上、ロシアを自国に招いたことになるとコメントしている。

    アバーディ首相は9月30日に表した声明で、(米国主導の連合軍と同様)ロシアがイラクのISとも戦ってくれるのであれば、イラクはこれを歓迎すると語っていた。

    (以下、CNNテレビの放映したイラク首相の声明)

    イラクのアバーディ首相:「これは間違いなく我々にとって益のあることだ。思い出してほしい。ISはシリア領内からイラクを攻撃した。そして(ISとの紛争は)人道面で著しく影響を及ぼしている。市民が殺され、誘拐され、奴隷化されたからだ。この中には婦女子もいる。このため我々のIS対策にさらに他の誰かが加わってくれるとすれば、我々はこれを歓迎するだろう。」

    CNNニュース司会者:「モスクワのマシュー・チャンス記者、この先、(ロシアの対IS作戦は)本当にイラクへ波及するだろうか?」

    マシュー・チャンス、CNNモスクワ特派員:「驚くべきことだ。本当だろうか? これはイラクの首相自らがロシアに対し、イラクに取り組むよう呼んでいることになる。なぜならロシアはシリアに取り組んでいるからだ。

    ロシアのシリア作戦第1日めがあらゆる方面から見て、それが計画されていた通りに進んだことは間違いない。それにロシア国防省もあなたの指摘どおり、その日の終わりにかなり詳細な声明を表しており、8箇所の標的の破壊に成功したと述べている。これらはすべてISに所属するものであり、武器弾薬倉庫、燃料倉庫、戦闘機器、司令塔が含まれている。ロシア国防省は標的は全ては買いされたと語っている。」

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, シリア, イラク, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント