16:24 2020年08月15日
政治
短縮 URL
ウクライナ危機 (347)
0 291
でフォローする

国連総会の際に実施された露米首脳会談で米国側はプーチン大統領の分析するウクライナ情勢を反駁する論拠が見つけられなかった。ペスコフ露大統領報道官はテレビ番組「土曜ニュース」の司会者ブリリョフ氏からのインタビューにこう語った。

「月曜、ニューヨークでのオバマ大統領との会談でウクライナ問題はかなり活発に討議された。この中で特筆すべきことを挙げるとすれば、米国側には我々の大統領の帰結に反駁を加える論拠がなかったことだ。」

ペスコフ報道官は、ニューヨークでの露米首脳会談は建設的だったと評価する一方で、両者の相互理解の強化にはつながらなかったと指摘している。

「話し合いは建設的だったといえるが、それでも相互理解を強化できるような意見交換には至らなかったといわざるを得ない。多くの点で米国側の我々のパートナーは今までどおり、何らかの柔軟性を示したり、他の論拠を理解したいという意欲を表そうとはしていない。」

トピック
ウクライナ危機 (347)
タグ
露米関係, 国連, ウラジーミル・プーチン, バラク・オバマ, ウクライナ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント