17:54 2017年11月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    ケリー米国務長官

    米国、ミンスク合意遵守の場合は対ロ制裁を撤回する可能性あり

    © REUTERS/ Brendan Smialowski
    政治
    短縮 URL
    0 82306

    ミンスク合意が遵守されたなら、米国はロシアに対する制裁を撤回する可能性がある。米国のケリー国務長官がテレビ局「ミール」によるインタビューで述べた。

    「ミンスク合意が結ばれた。合意は全員に対し、一定の行動を要求している。分離主義者に対しても、ロシアに対しても、ウクライナに対しても。この全員が合意を守ることがとても大事なのだ。重火器は必ず撤去されねばならないし、国境は不可侵でなければならない。OSCEが受け入れられ、状況を監視できるようにしなければならない」と国務長官。

    ケリー長官によれば、選挙には国際的な監視が必要で、また、選挙はウクライナの法律に則って行われねばならない。「ドンバスには特別な地位が与えられねばならない。これら全てが完了したなら制裁は撤回されるし、そうすれば我々は関係を回復させ、ウクライナ国民も利益を享受し、ここ2年ほど続いた緊張が緩和されるだろう」と長官。

    また長官は、ウクライナ問題についてロシアと米国が妥協することはあり得るか、との問いに対し、「ウクライナは妥協の問題ではない。ただ、双方が妥協すれば事態の改善には資するだろう」と述べた。

    ロシアはこれまで度々、ロシアはウクライナ南部・東部の事象には無関係であり、義勇軍に武器弾薬を供給してもいないし、ウクライナ国内の紛争の当事者でもないし、ウクライナが政治的・経済的危機を自ら克服することを望んでいる、と主張している。

    関連:

    ウクライナ、レーニンがダース・ベイダーに様変わり
    オバマ大統領 ウクライナへの武器供与を予定した国防予算案に拒否権行使
    キエフ当局:プーチン大統領とポロシェンコ大統領の握手シーンのTV放映を禁止 ウクライナのTV局暴露
    航空安全の専門家「マレー機MH17便墜落事故に関する国際法廷は、ウクライナの過失を認める可能性あり」
    ウクライナ、ロシアとの航空便を完全停止へ
    ウクライナ東部でのマレー機墜落事件調査 来年2月に最終段階へ
    ウクライナ東部・ドネツク人民共和国選挙 半年先に延期
    ウクライナ大統領「ロシアはシリアでISを殲滅し、世界秩序を崩壊させている」
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント