10:33 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    ガス

    プーチン大統領:2040年にかけて世界のガス需要は32%増大する見込み

    © Flickr/ Paul Hudson
    政治
    短縮 URL
    0 485130

    プーチン大統領は月曜、2040年にかけて世界のガス需要は32%増大する、との予測があることを明かした。

    プーチン大統領 イランに到着
    © Sputnik/ Mikhail Klimentiev
    「ガス、それは最も手の届きやすい、経済的に有益で、環境に優しい燃料だ。その需要は世界的に、石油その他のエネルギー資源をしのぐ伸び率で伸びている。予測では、2040年にかけて世界のガス需要は32%増大し、5兆立方米に達する見込みだ」。テヘランで開催中のガス輸出国フォーラムでプーチン大統領が述べた。
    プーチン大統領によれば、2014年の数字は3.7兆立方米だった。

    「これはガスの生産・輸出拡大のための大きな可能性であり、同時に、大いなる挑戦である。なぜなら、新たな油田の開発を根本的に加速し、加工能力を現代化し、ガス輸送インフラを拡大し、追加的にパイプラインを稼動させ、LNG供給の分枝ルートを整備する必要があるからだ」とプーチン大統領。

    関連:

    プーチン大統領:ガス輸出国の協同行動が益々重要に
    タグ
    イラン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント