05:52 2017年06月25日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    安倍首相

    谷内国家安全保障局長 米国に安倍首相の訪ロについて説明へ

    © REUTERS/ Yuya Shino
    政治
    短縮 URL
    42239911

    日本政府は、国家安全保障局の谷内局長を米国へ派遣し、北朝鮮への対応などについて意見交換するほか、現在調整が進められている安倍首相のロシア非公式訪問に関連する日本の立場を説明する意向。

    NHKによると、谷内局長は2月29日から3月2日頃までの予定で米ワシントンを訪問する予定。局長は、ライス国家安全保障担当大統領補佐官らと会談する方向で調整に入ったという。

    谷内局長は特に、現在調整が進められている安倍首相のロシア非公式訪問が、ロシアとの平和条約締結問題や、両国間の領土問題解決に向けた新たなステップになると考えている日本の立場を米国側に説明する予定。

    共同通信は23日、複数の露日関係筋の情報として、オバマ米大統領が2月9日に行われた安倍首相との電話会談で、5月のロシア訪問を自粛するよう求め、「今はそのタイミングではない」と伝えたが、安倍首相は「これに応じず、議論は平行線に終わった」と報じた。

    安倍首相のロシア非公式訪問は、1月に実施された露日首脳による電話会談で合意された。安倍首相のロシア訪問は5月6日になるとみられている。なお露日首脳の非公式会談が行われる可能性がある都市として、黒海沿岸のソチが挙がっている。

    関連:

    消息筋:安倍首相はオバマ大統領が助言した「ロシア訪問自粛」を拒否した
    安倍首相、プーチン大統領とG7を橋渡しする意向
    安倍首相 昭恵夫人にペット用サプリを渡したらずっと飲んでいたと語る
    安倍首相、領土問題についてロシアとの交渉に意欲
    タグ
    露日関係, ウラジーミル・プーチン, バラク・オバマ, 安倍晋三, 米国, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント