13:44 2018年10月16日
北朝鮮ミサイルはどこまで飛べるか
© Sputnik /

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩第1書記は、自国の核兵器を常時発射できる状態に置くよう命じた。北朝鮮のミサイルの射程距離をインフォグラフィックでごらんください。

朝鮮中央通信の情報によれば、正恩氏は現状は自国にとって極めて危険であることから、先制攻撃を行えるよう自国の軍事ドクトリンを見直すと宣言。北朝鮮のミサイルがどこまで飛べるのか、スプートニク・インフォグラフィックでごらんください。

タグ
ミサイル, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る

  • 安倍首相
    アップデート: 2018年10月16日 12:10
    2018年10月16日 12:10

    安倍首相、欧州3カ国の歴訪へ出発 自由貿易、対北朝鮮で連携図る

    安倍晋三首相は16日午前、スペイン、フランス、ベルギーの欧州3カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。スペインでサンチェス首相、フランスではマクロン大統領と会談、ベルギーでアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席。自由貿易体制の強化や北朝鮮問題での連携を図る考えだ。20日に帰国する。

  • 仏韓首脳が会談 北朝鮮非核化でフランスに大きな役割ー文氏
    アップデート: 2018年10月16日 10:33
    2018年10月16日 10:33

    仏韓首脳が会談 「北朝鮮非核化でフランスに大きな役割」と文氏

    フランスのマクロン大統領と韓国の文在寅大統領は15日、パリで会談し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)問題などを協議した。時事通信が伝えた。

  • 安倍晋三首相
    アップデート: 2018年10月15日 23:22
    2018年10月15日 23:22

    首相、16日に欧州へ出発 自由貿易体制強化へ連携

    安倍晋三首相は16日、スペインとフランス、ベルギーの欧州3カ国歴訪に出発する。スペインで同日夕(日本時間17日未明)にサンチェス首相、フランスでは17日午後(同17日夜)にマクロン大統領と会談。

  • ローマ法王、中国で(9月22日)
    アップデート: 2018年10月15日 21:01
    2018年10月15日 21:01

    台湾副総統、ローマ法王に訪台要請 対中接近に危機感

    台湾の陳建仁副総統が14日、バチカンでローマ法王フランシスコと面会し、法王に対し台湾訪問を要請した。