03:51 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    ケリー長官

    ケリー国務長官:ベルギー同時多発テロ後、米当局はプーチン氏の決定をよりよく理解できるようになった

    © AFP 2017/ Saul Loeb
    政治
    短縮 URL
    81900156

    米国はブリュッセルでのテロ事件の後、ロシアのプーチン大統領の決定をよりよく理解できるようになった。ジョン・ケリー米国務長官が24日、ラヴロフ外相との共同記者会見で語った。

    「ブリュッセルで行われた恐ろしいテロ事件の後、今日我々に課せられた課題がどのようなものであるかということを忘れてはならない。つまり、シリアにおける紛争を解決し、ダーイシュ(IS、イスラム国)撃滅に全力を尽くすことだ」とケリー国務長官。

    「こうして我々は、ここ数年のプーチン大統領による決定をよりよく理解できるようになった。そして、今後どうするべきかも、よりよく理解できるようになった」。

    関連:

    ケリー国務長官 モスクワに到着:会談では「特別なテーマ」について協議
    ラヴロフ外相 ケリー国務長官に西側メディアの反ロシア宣伝活動を止めるよう呼びかける
    ラヴロフ外相 ケリー国務長官と米国防総省が「ロシアへの圧迫」を求めたことについて協議
    タグ
    ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント