11:11 2017年10月24日
東京+ 16°C
モスクワ-1°C
    オバマ大統領 サウジアラビアで「冷遇」される―米マスコミ

    オバマ大統領 サウジアラビアで「冷遇」される―米マスコミ

    © REUTERS/ Kevin Lamarque
    政治
    短縮 URL
    12008152

    オバマ米大統領は20日、サウジアラビアの首都リヤドを訪問したが、同国のサルマン国王の出迎えはなかった。そのためマスコミは、オバマ大統領は「冷遇された」と報じた。

    通常オバマ大統領が外国を公式訪問する時は盛大に迎えられるが、20日は華やかさも荘厳さもなかった。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

    飛行機から降りたオバマ大統領を迎えたのは、「サウジ当局の一握りの人たち」だったという。なおサルマン国王は空港でペルシャ湾岸諸国の首脳らを出迎え、オバマ大統領と会ったのは、宮殿で開かれた2国間会談だった。

    CNNは、SNSではオバマ大統領が冷遇されたと言われていると報じ、米国とサウジの間に大きな意見の不一致が存在するさらなる兆候だと考えられると指摘した。

    ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、オバマ大統領のサウジ訪問は困難だと報じた。

    アトランティコは、オバマ大統領はオーストラリアのターンブル首相との会談で、サウジアラビアとの関係は「複雑だ」とすでに述べていたと報じた。

    タグ
    バラク・オバマ, サウジアラビア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント