11:33 2018年07月16日
米国軍司令官 シリアを極秘訪問

米国軍司令官 シリアを極秘訪問

© AP Photo / Musadeq Sadeq
政治
短縮 URL
0 011

米中央軍のジョセフ・ヴォーテル司令官が、シリアを極秘訪問した。ヴォーテル司令官は、シリアの反政府武装勢力やクルド人義勇軍らと協議した。AP通信が伝えた。

AP通信によると、ヴォーテル司令官は米国がテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」との戦いを開始してからシリアを訪れた最も位の高い軍人となった。

対「ダーイシュ(IS)」で 米大統領の有志連合特使を務めるブレット・マクガーク氏によると、ヴォーテル司令官のシリア訪問の目的は、「ダーイシュ」の首都とされている戦略的に重要な都市ラッカの解放を組織することだった。

ラッカは2013年3月、「ダーイシュ」と「アル=ヌスラ戦線」の支配下に置かれた。

タグ
シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント