02:37 2021年05月17日
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

モスクワ駐在のヴィーガウダス・ウシャツカスEU大使は、対ロシア関係において紛争をもっと少なくする必要性を訴えた。リトアニアの新聞「Lietuvos zinios」が報じた。

大使は、次のように述べているー

「今のリトアニア・ロシア関係について言えば、ウクライナで起こっていることに、リトアニアが大変敏感に反応していることは理解できる。そうしたことが、自分の国にも起こる可能性があると心配しているのだ。

一方で、どのような場合も、ロシアを『侵略者』呼ばわりすることは、リトアニアの安全にプラスとはならない。両国の経済関係を損なうだけだ。」

タグ
欧州, ウクライナ, ロシア, リトアニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント