13:47 2020年02月22日
政治
短縮 URL
1210
でフォローする

全てのことにロシア政府の影をみる危険なパラノイアが米国を席巻した。ニューヨークタイムズが報じた。

西側諸国ではウラジーミル・プーチン大統領は英国のEU離脱や米大統領選に共和党からトランプ氏という候補がでたことまで、あらゆることの責任を負わされている。

また、ロシアへの非難は深刻な社会的問題を生産的に話し合うこと、ロシアをよりよく理解し、ロシアに向けて効果的な政策を構築する邪魔をしている。

さらに、同紙の記事には、あらゆることでプーチン大統領を責めることは、非常に疑わしい選挙戦略だ。さて、最近の調査過程で、アメリカ人はロシアに対し特に驚異を見ていないことが明らかになった。彼らを圧倒的により心配させているのはテロと移民、失業だ。

先に伝えられたところによると、エルドアン大統領は米国に最後通牒突きつけた

関連:

NATO最高司令官、ロシア軍の力に感銘
フォーブス:ロシアは黒海におけるNATOと米国の計画を壊した
ケリー米国務長官、NATOからの排除をトルコに示唆
タグ
ウラジーミル・プーチン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント