23:45 2019年10月18日
ケリー国務長官

ケリー長官、ロシアの外交官に上を行かれたと語る

© AFP 2019 / Molly Riley
政治
短縮 URL
5314
でフォローする

ニューヨークタイムズ紙は、米国のケリー国務長官とシリア反体制派との会談の概要を公表。その中で長官は、シリア問題でロシアは米国の一枚上を行った、と語った。

同紙は国連総会に合わせて開かれた会合の40分間に及ぶ音声記録を入手。長官はこの中で数度、自身の外交努力は軍事力使用の現実的脅威に裏付けられてはいない、と語った。
長官は米国の政策への失望に同情を寄せたり、それを正当化したりしようとしているという。

「彼のオバマ政権への失望と意見の相違は特に秘密だったわけではないが、ケリー氏は記録で公然と、ロシアの上を行かれたと嘆き、オバマ大統領の決定に対する意見の相違を表現し、議会は絶対に武力行使に同意することはないだろうと言った」と同紙。

先に、ラヴロフ外相は「ロシアがシリアに関するプラン"B"について述べた事は一度もない」と指摘した。

関連:

ケリー長官の訪露をフィナンシャル・タイムズ紙が「ロシアの外交的勝利」
露米外相会談終了:ラヴロフ外相、ケリー長官との会談について語る
タグ
ジョン・ケリー, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント