15:18 2017年03月23日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    ゴルバチョフ元ソ連大統領

    元ソ連大統領 米露に信頼関係の回復を呼びかける

    © AFP 2016/ Vitaly Armand
    政治
    短縮 URL
    51145610

    ゴルバチョフ元ソ連大統領は、露米関係では相互信頼が崩壊したと述べ、両国に核のテーマを含むあらゆる議題の交渉を再開するよう呼びかけた。

    ゴルバチョフ氏は、「露米関係は現在悪化し、緊張している。相互信頼の崩壊が起こった。私は地域問題に引きこもらずに、あらゆる議題の交渉を再開する必要があるとの考えを一度ならず述べてきた。まずは核問題についてだ」と語った。

    またゴルバチョフ氏は、「世界は危険なラインに達した」と述べ、「具体的な処方箋」は出さないが、国際社会は立ち止まり、対話を再開する必要があると指摘した。

    ゴルバチョフ氏はまた、核兵器削減、テロとの戦い、環境災害の防止を両国の優先事項として挙げた。

    関連:

    ラヴロフ外相:ロシアは長い間「耐えた」が今露米関係に抜本的な変化が生じた
    ロシア政治家:トランプ氏の考えは親ロシア的とは考えられない
    タグ
    露米関係, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      junobejp
      ソ連を崩壊させた張本人。 アメリカに「NATO東方不拡大」の約束を破られ、ゴルバチョフはアメリカの卑劣さを充分知っているはず。 アメリカは嘘をつく、約束を守らない、信頼できない、と。
    • unimaro unimaro
      アメリカは嘘しかつかない、ということを身に染みて知っているこいつがそのようなことを言う、=アメ公工作員化した、
      としか、、、
    新しいコメントを読む (0)