15:16 2017年03月23日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    ヴァレンチーナ・マトヴィエンコ露上院議長

    露上院議長、米国は広島長崎の原爆投下に謝罪すべき

    © 写真: The Council of the Federation of the Federal Assembly of the Russian Federation
    政治
    短縮 URL
    101132372

    ヴァレンチーナ・マトヴィエンコ露上院議長は、1945年の広島長崎の原爆投下について米国は謝罪すべきとの声明を表した。

    マトヴィエンコ上院議長は3日、訪問先の長崎で記者団から、原爆投下について米国は日本に謝罪すべきかという問いに対して次のように答えている。

    「米国政権に助言を与えることは困難だ。私は、もちろん謝罪は必要だが、どんな謝罪を行ったところで歴史の中で原子爆弾を非軍事都市に対し、民間人に対して使用した国の罪は消えてなくなるものではないと思う。」

    「彼らは長崎に対して、広島に対して、全世界に対して米国がこれだけの恐ろしい悲劇、恐ろしい犯罪を起こした自分の罪を毎日教会に通って祈らねばならない。」

    関連:

    広島と長崎、プーチン大統領を招待
    広島の教訓は学ばれず
    タグ
    日本, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      人間として 当たり前の 感覚です ですが それで困るのは 日本にいる支配者です。
      原爆は 日本人は寛容なので 責めない キリスト教とは 違うのだ と 国民は納得しなければならない けれど 領土は ポツダム宣言無視で 執拗に執着することが支配者層の アジェンダです。

      ○ カーチスルメイに 日本政府から 勲章が送られている。

      東京大空襲や 原爆投下を アメリカが正当化するのは 日本政府が正当としているからです。
      カーチスルメイは 1964年に 日本政府から 旭日大授賞を送られた男です。
      東京で無差別殺戮を行った男、原爆投下にも 部隊責任者として関与しています。
      tokyostar.blog93.fc2.com/blog-entry-23.html
    • 稲美 弥彦
      原爆はプロテスタント右派が仕掛けたもので、広島や長崎にはカトリック教会の拠点だから落とした説が強い。
      よって、アメリカプロテスタント右派(これは世界最大のカルト宗教)こそ、人類の敵である。
      カバラ秘術を使って悪行をやっているのはブッシュ一族、即ちナチス一派でRAPTはブッシュ一族の手先である。
      他の災害や人工地震・人口台風もアメリカプロテスタント右派が作り上げたお者でどの国のメディアも陰謀論者もプロテスタント右派の悪行については取り上げない。
    • avatar
      Mieko
      オバマが広島に来た時、核兵器装置の鞄を持って来た。謝罪もなかった。米国に謝罪を求めない日本はおかしい。普通なら日本が米国に謝罪、賠償を求め、責任をとってもらうべきであるのに。マトヴィエンコ上院議員の心からの言葉をいただき、大変ありがたく思います。
    • ネットもぐら
      そうだそうだ!
      オバマが来ても火炎瓶どころか靴さえ飛ばなかった、日本人はどこに行った?
      お田布施様がお困りになっても靴や卵くらい投げられるだろ。
      日本人から魂を抜いたユダ金米国のやり方は彼らにとって正しかったのだろう。
    • avatar
      catss4
      まず 東京に原爆が落されなかったのが おかしいです 米日 は敵対していたのではない
      そして 広島は キリスト教 云々よりも 陸軍があったことが その 答えとされるのが 定説です 
      なんでもかんでも キリスト右派 でしょうか?
      陸軍は (お田布施?)の 権力に 逆らう心配があった
      226からの 流れですね 226も お芝居だったらしいですが。
      キリスト右派 だけで かたずく話ではないはずですよ 支配者が 勲章を与えているのですから 原爆に 感謝しているということです。
    新しいコメントを読む (0)