02:39 2018年10月23日
雑誌NI「露米関係悪化の単純な原因」について語る

雑誌NI「露米関係悪化の単純な原因」について語る

© Fotolia / viperagp
政治
短縮 URL
182

米国で発行されている雑誌The National Interestのテッド・ガレン・カーペンター評論員は「ロシアと米国は、お互いの政策に対し、原則的に違った観点を持っている」と指摘し「それが、両国関係が20年にわたり悪化している『単純な原因』だ」と述べた。

評論員は、次のようン見方を示した-

「ロシアが脅威と受け止めているNATO拡大は、米国の官僚らが、このプロセスをプーチン大統領の『攻撃的政策』によるものだと正当化し始めるより、ずっと以前から始まっていた。露米関係は、オバマ政権下の特にここ数カ月、ひどくなってしまった。

米政府は、プーチン大統領を『独裁者』とみなし、クリミアをめぐる政策でロシア政府を非難している。その一方で、米国は、欧州における自分達の行動を、政治的に正当なものだと主張している。

関係悪化の責任は双方にあるが、米国の方がロシアよりも、その罪は重い。トランプ氏には、ロシア政府との関係を回復させるための素晴らしい可能性がある。」

関連:

ラブロフ外相:われわれはいつでもトランプ陣営との対話のために開かれている
スプートニク通信とテレビRTの編集長 自身のブログでCIA報告をコメント
タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント