11:46 2019年10月15日
ペスコフ報道官

ペスコフ報道官、プーチン大統領とトランプ大統領の電話会談について語る

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
政治
短縮 URL
0 152
でフォローする

ロシアのペスコフ大統領報道官は、CNNのインタビューで、2017年1月28日に行われたプーチン大統領とトランプ大統領の電話会談の詳細について少し語った。

ペスコフ報道官は、CNNのジャーナリストから露米首脳の電話会談について質問され、「実際のところ、会話は十分に期待を抱かせるものであり、非常にプラグマチックだった。私が言おうとしているのは、トランプ大統領のことだ。同氏は多くの件でロシアと同意見ではないという事実を隠してはいないが、同氏は、我々は対話を行う必要がある、我々は共通点を見つけるために我々の立場を比較する必要があると述べるためには十分にプラグマッチックだ」と語った。

またペスコフ氏は、トランプ大統領の発言によると我々が決して合意することのできない一連の問題があるものの、トランプ大統領は一緒に集まって対話をする必要があることを認めていると指摘した。

タグ
露米関係, ウラジーミル・プーチン, ドナルド・トランプ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント