20:37 2018年06月25日
露日2プラス2会談 ラヴロフ外相

ラブロフ外相:日露政府は、制裁は北朝鮮を罰する手段であってはならないという見解で一致

© Sputnik / Vitaliy Belousov
政治
短縮 URL
露日「2+2」協議 (13)
0 113

ロシアのラブロフ外相は、日露両政府は、北朝鮮は国連安全保障理事会の全ての決定に従って指令を遂行しなければならないが、制裁は北朝鮮を罰する手段であってはならないという点で、同一の見解をもっていると述べた。

スプートニク日本

2プラス2後の記者会見でラブロフ外相は「北朝鮮は、国連安保理によってなされた決定による義務を何があっても遂行しなければならないという点で、我々と我々のパートナーである日本は意見が一致している。

また、そこにおいて、国連によって北朝鮮に対して発動された制裁は、罰のための手段としてとらえられるのではなく、北朝鮮を政治対話の軌道に戻す刺激であるととらえるべきだ」と述べた。

東京で20日、露日「2+2」協議が行われた。協議には両国の外交担当と防衛担当大臣が参加した。

トピック
露日「2+2」協議 (13)
タグ
2プラス2, 露日関係, セルゲイ・ショイグ, 稲田朋美, 岸田文雄, セルゲイ・ラブロフ, 日本, 北朝鮮, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント