07:24 2019年03月25日
米中初首脳会談の結果、対北朝鮮で協力強化、貿易不均衡是正へ新計画、核問題「深刻な段階」

米中初首脳会談の結果、対北朝鮮で協力強化、貿易不均衡是正へ新計画

© AP Photo / Alex Brandon
政治
短縮 URL
183

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が米南部フロリダ州パームビーチで実施した首脳会談で、北朝鮮の核開発を抑えるために米中両国が協力を強化することで一致した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

両国の新たな対話の枠組み設置や、貿易不均衡問題の解決に向けた「100日計画」を策定することで合意した。7日、会談後にティラーソン国務長官やロス商務長官が記者団に明らかにした。

両首脳は「北朝鮮の核開発は深刻な段階に達した」との認識で一致。北朝鮮が6回目の核実験を準備しているとされる中で、米中が危機感を共有し、協調して朝鮮半島の非核化を目指す姿勢をアピールした。

ティラーソン氏は、化学兵器使用で子どもが犠牲になったことから、習氏が米国によるシリアへのミサイル攻撃に理解を示したと述べた。

中国側は、トランプ氏が強い不満を示していた中国の対米貿易黒字を縮小することに前向きな姿勢を見せたという。

タグ
貿易, 化学兵器, 中米関係, ミサイル, 習近平, ドナルド・トランプ, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント