09:17 2018年09月19日
ウラジーミル・プーチン

プーチン大統領 KGB就職の経緯を語る【写真】

© Sputnik / Galina Kmit
政治
短縮 URL
3221

プーチン大統領はソ連KGBへの就職方法を説明するため、自身がいつ、どのように入社したか、なぜパイロットになるのは止めたのかを語った。スプートニクが報じた。

スプートニク日本

「ただソ連KGBの受付に出向いただけだ。うちは労働者の家族でコネなど全くなかったからほかに行きようがないだろう。受付に直接出向いたよ。」

プーチン大統領は、受付ではまず法律を学ぶよう助言を受け、最終的に法学部に入学したと語っている。

プーチン大統領の個人サイトの履歴では1975年にレニングラード国立大学(現在のサンクトペテルブルグ国立大学)の法学部を卒業し、1970年代末から1980年代初頭にモスクワのKG第1B高等学校で学び、その後、1985年から1990年まで東ドイツで勤務と書かれている。

 

 

先の報道によると、プーチン大統領は両親について、また両親が2人の子どもを失ったことを語った。

タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント